Hello, 2018 !

[ ※日本語版は英語版に続いて記載があります。]

We are happy to announce our program for the 2018 PhotoSymposium Asia!

After a successful inaugural event in May this year, we have been encouraged by your positive feedbacks and will once again be returning to The KL Journal Hotel in Kuala Lumpur in May 2018 for our second symposium with a vitally important and challenging topic.


Date : 11 – 13 May, 2018

Venue : The KL Journal Hotel, Kuala Lumpur, Malaysia


THE CONCERNED PHOTOGRAPHER

The masthead or topic of discussion will be “PHOTOGRAPHY AS A MEDIUM FOR SOCIAL CHANGE”. Although social change photography encompasses headline grabbing activism and advocacy causes; to a greater extent, it is evident in a large proportion of photo projects that we come across day to day – on social media postings, in online websites and in photography books.

Part of being a photographer today is to be socially aware and conscious of events that are happening around us. As photographers, we are always inquisitive – questioning, challenging, probing – even if we aren’t photographing.

The nature of photography and it’s power to influence decision makers throughout history is well known, and yet, when it comes to personal projects that may be more mundane, these are often only ‘ideas’ left behind in the corners of our minds. so often than not, the mind is willing but self doubt and insecurity gets the better of us in pursuing that story.

How do we get those amazing ideas off the ground? How do we do research and identify strategies? How long should projects take? Who are the target audiences? How do we create effective campaigns? How can we express artistically and effectively through photography, the issues raised in these projects?

These are just some questions that are often raised by photographers.

© Mitsu Maeda - My Recollections series, 2012
© Mitsu Maeda ~ A caregiver cuts her toenails, Kochi 2012 – My Recollections series on dementia

Closer to home, there are social cause stories that need to be told and shared to a wider audience – stories covering sensitive issues such as domestic abuse, dementia, autism, family or gender issues, discrimination; issues on environmental and greening, urbanisation,  vanishing trades or arts etc –  may be developed by concerned photographers with a little guidance and knowledge of the process.

We are assembling a set of speakers who are known for their works in advocacy and social change photography – from photojournalists and activist film makers, documentary photography to visual art based projects. The dedication to their causes have been resolute, as may be seen by the accolades they have all achieved in their careers.

– SL


Presenters

  1. Manit Sriwanichpoom, Thailand
  2. Mahi Ramakrishnan, Malaysia
  3. Azrul Kevin Abdullah, Malaysia
  4. Noriko Hayashi, Japan
  5. Zann Huizhen Huang, Singapore
  6. Nurul Huda Rashid, Singapore

>Go to Presenters Profiles

>Get Delegate Tickets Here

>Go to Schedule of Symposium 2018


2018年も、アジア写真シンポジウムを開催いたします。

今年5月に開催された2017年写真シンポジウムは、多くのプレゼンターや参加者たちが集まり、多くの議論が交わされ無事、閉幕しました。様々なフィードバックもいただき、2018年5月、第2回アジア写真シンポジウムを、第1回と同じ会場であるKL Journal ホテルにて、開催いたします。


日程 : 2018年5月11日〜13日

会場 : The KL Journal Hotel(マレーシア クアラルンプール)


第2回シンポジウムのメインテーマは、「社会を変える媒体としての写真」です。 社会を変える写真、というと、新聞・雑誌のヘッドラインに載るような活動や主義主張を含みますが、明らかに私たちは、日々ソーシャルメディアやオンライン、または写真集などで、より多くの写真プロジェクトを目にします。

今日写真家のひとりであるということは、私たちの周りで起こる様々なことに意識的であり、社会的気付きを持つということでもあります。写真家として、私たちは常に探究心を持っています。疑問を持ち、挑戦し、探ります・・・写真を撮っていない時でさえも。

写真というものの性質、そして歴史を通じた意思決定者たちへの影響力はよく知られていますが、それでもなお、よりありふれているかもしれない個人的なプロジェクトとなると、私たちの心の隅にとりのこされた「概念」だけであることが多々あります。なのでしばしば、心は勇んでも、自分を疑うことや不安感が物語を進めることを阻みます。

どうやって私たちは、それらの素晴らしい「概念」を、作品に昇華するのでしょうか?どうリサーチを進め、戦略をたてるのでしょうか?プロジェクトはどれくらいの時間をかけるべきなのでしょうか?誰を目指して作品を組み立てるべきなのでしょうか?どう効果的に作品を広めれば良いのでしょうか?どう私たちは、アーティストとしてそして効果的に、プロジェクトのテーマとなる物事を表現することができるのでしょうか?

これらは写真家によりしばしばあげられる質問のいくつかです。

身近に、より多くの人に伝えられるべき社会的なストーリーがあります。家庭内暴力、認知症、自閉症、家族やジェンダーについて、差別。環境問題や都市化など・・・どうストーリーを伝えるのか、少しのガイダンスがあれば物語はより発展するのかもしれません。

今回、社会に変化をもたらす写真作家たちーフォトジャーナリストから映像作家、ドキュメンタリー写真家やビジュアルアーティストまでーをプレゼンターに、シンポジウムを開催します。彼らの作家としての献身は確固たるもので、その経歴の中で達成したものによって認知されています。

– SL


プレゼンター

  1. Manit Sriwanichpoom(タイ)
  2. Mahi Ramakrishnan(マレーシア)
  3. Azrul Kevin Abdullah(マレーシア)
  4. 林典子(日本)
  5. Zann Huizhen Huang(シンガポール)
  6. Nurul Huda Rashid(シンガポール)

>プレゼンタープロフィール

>参加するためのチケットはこちらから

>2018年スケジュール

 

 

Advertisements

One thought on “Hello, 2018 !”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s